ユキのこだわりブログ

☆ユキのこだわりブログ☆妥協ゎしない!!

訪問ありがとうございます😋お得な情報やロードバイク日記を発信します。

煉獄さん「300億円の男へ」の考察

こんにちは😄

今日は、大人気の劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の興行収入が、いつ頃300億円に到達するのか、また歴代1位になりそうなのかを見ていきたいと思います。

興行収入の推移
期間 累積興収 週間興収 土日
興行収入 前週比 動員数 前週比
1 10/16-10/18 46億円 46億円 33億5400万人   251万人   
2 10/19-10/25 107億円 61億円 30億4100万円 -9.3 227万3000人 -9.4
3 10/26-11/1 158億円 51億円 24億9900万円 -17.8 202万8000人 -10.8
4 11/2-11/8 204億円 46億円 17億7300万円 -29.1 129万6000人 -36.1
5 11/9-11/15 233億円 29億円 15億2200万円 -14.2 114万7000人 -11.5
6 11/16-11/22 259億円 26億円 10億3200万円 -32.2 74万8000人 -34.8
7 11/23-11/29 275億円 16億円 10億500万円 -2.6 71万2000人 -4.8
8 11/30-12/6 286億円 11億円

 予想

     
9 12/7-12/13 294億円 8億円  予想      
10 12/14-12/20 299億円 5億円  予想      
11 12/21-12/27 303億円 4億円  予想      
12 12/28-1/3 306億円 3億円  予想      

現時点(7週目)で、累積興行収入が275億円を突破しており、

2位だった「タイタニック」を抜き去って歴代2位になっています。

 

表から見ると、週間興行収入の半分くらいは、土日による事が分かります。

6週目と7週目の土日を比べると、2.6%しか下がっていませんが、

週間で比べると38%も下がっています。

平日に観に行く人が減っているんですね。

 

来場御礼入場者特典

日増しに、ずるずる下がってるくるのは仕方ない事ですが、11月14日から枚数限定で、

来場御礼入場者特典のイラストカードが、2週間ごとに違うデザインで配られているそうです。

28日からは、第2弾 煉獄と猗窩座の死闘が描かれた「ufotable描き下ろしA5イラストカード 弐」が、全国合計100万人に配布されるそうです。ちなみに、第3弾が12月12日から、第4弾が12月26日から配布予定だそうです。

こうした特典が、観客動員数の下落を小さくしているのかもしれません。

f:id:ht0401003z:20201124150953j:plain

出典:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公式サイト 入場者特典

 

このまま、仮に週間興行収入が、前週比3割程の下落として計算すると。

11週目の時点で、300億円を突破すると予想されます。

普段ならば、これから年末、xmas、冬休みになるので、お出かけしたり映画館に行く機会も増えそうですが、今年は、コロナがまた流行しつつあるので、興行収入も影響されそうです。

 

歴代の記録が塗り替えられる時は、ドキドキしますが、是非とも煉獄さんには、「300億の男」になって欲しいですね。

歴代映画興行収入ランキング (2020年11月30日発表)

1.『千と千尋の神隠し』(308億円)2001年公開

2.『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(275億円)2020年公開

3.『タイタニック』(262億円)1997年公開

4.『アナと雪の女王』(255億円)2014年公開

5.『君の名は。』(250.3億円)2016年公開

6.『ハリーポッターと賢者の石』(203億円)2001年公開

7.『ハウルの動く城』(196億円)2004年公開

8.『もののけ姫』(193億円)1997年公開

9.『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円)1998年公開

10.『ハリーポッターと秘密の部屋』(173億円)2002年公開

まとめ

私としては、早ければ年末に興行収入が300億円を突破して、国内興行収入歴代1位になるのではないかと、予想しています。

プライバシーポリシー・お問い合わせ