ユキのこだわりブログ

☆ユキのこだわりブログ☆妥協ゎしない!!

訪問ありがとうございます😋お得な情報やロードバイク日記を発信します。

先週の「鬼滅の刃」興行収入は?(第10週目)

こんにちは🙂

今週も、興行通信社から週間の映画興行収入が発表されました。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、どうなったか、見ていきましょう。

興行収入の推移
期間 累積興収 週間興収 前週比 土日
興行収入 前週比 動員数 前週比
1 10/16-10/18 46億円 46億円   33億5400万円  

251万人    

 
2 10/19-10/25 107億円 61億円 32.6 30億4100万円 -9.3 227万3000人 -9.4
3 10/26-11/1 158億円 51億円 -16.4 24億9900万円 -17.8 202万8000人 -10.8
4 11/2-11/8 204億円 46億円 -9.8 17億7300万円 -29.1 129万6000人 -36.1
5 11/9-11/15 233億円 29億円 -37.0 15億2200万円 -14.2 114万7000人 -11.5
6 11/16-11/22 259億円 26億円 -10.3 10億3200万円 -32.2 74万8000人 -34.8
7 11/23-11/29 275億円 16億円 -38.5 10億500万円 -2.6 71万2000人 -4.8
8 11/30-12/6 288億円 13億円 -18.8 6億5600万円 -34.7 46万6000人 -34.6
9 12/7-12/13 302億円 14億円 7.7 9億3900万円 43.1 65万5000人 40.6
10 12/14-12/20 311億円 9億円 -35.7 3億9000万円 -58.466 28万2000人 -57.0
11 12/21-12/27 317億円 6億円 予想        
12 12/28-1/3 322億円 4億円 予想        

 

現時点(10週目)で、累積興行収入が311億円を突破しました。

歴代1位の「千と千尋の神隠し」(316億)まで、約5億円です。 

※「千と千尋の神隠し」は、今年再上映されており、その分8.8億円が加算され316.8億円になりました。

 

表から見ると、第10週目は、土日に観に行った人が減っています。

コロナが増えてる事と、12日の土曜日から入場者特典第3弾「来場御礼スペシャルブック」が配布されたことから、第10週前半に行った人が多かったのかもしれませんね。

 

このまま、仮に週間興行収入が、前週比3割程下落するとして計算すると。

11週目の時点で、317億円を超えると予想されます。

 

26日からは、全国82の映画館で、MX4D,4DXでの上映がスタートして、

これに合わせて4D用に特別の入場者特典も配布されますし。

通常の映画館の方でも、入場者特典 第4弾の配布が始まるので、

来週の興行収入発表時には、歴代1位の発表もされる可能性が大です。

 

来場御礼入場者特典

通常の映画館では、入場者特典 第4弾が、

MX4D,4DXの映画館では、4D用の入場者特典が、12月26日から配布される予定です。

f:id:ht0401003z:20201215095051j:image

出典:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公式サイト 入場者特典

 

MX4D/4DX入場者特典
f:id:ht0401003z:20201215095102j:image

出典:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公式サイト 入場者特典

滅Tシャツ

こちらの滅Tシャツも人気だそうです。

また、1次増えて、15次受注となり、発送が1ヶ月先になってます。

 鬼滅の刃 Tシャツ【十五次受注:2021年2月発送】

歴代映画興行収入ランキング (2020年12月21日発表)

1.『千と千尋の神隠し』(316.8億円)2001年公開

2.『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(311億円)2020年公開

3.『タイタニック』(262億円)1997年公開

4.『アナと雪の女王』(255億円)2014年公開

5.『君の名は。』(250.3億円)2016年公開

6.『ハリーポッターと賢者の石』(203億円)2001年公開

8.『ハウルの動く城』(196億円)2004年公開

7.『もののけ姫』(193億円+8.8億円)1997年公開

9.『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円)1998年公開

10.『ハリーポッターと秘密の部屋』(173億円)2002年公開

まとめ

私としては、早ければ来週に興行収入が316.8億円を突破して、

国内興行収入歴代1位になるのではないかと、予想しています。

プライバシーポリシー・お問い合わせ