ユキのこだわりブログ

☆ユキのこだわりブログ☆妥協ゎしない!!

訪問ありがとうございます😋お得な情報やロードバイク日記を発信します。

【イヤホン レビュー】WF-1000XM4 by SONY

お題「これ買いました」

f:id:ht0401003z:20210609110436p:plain

出典:SONY

6月25日 発売

ソニーの新型イヤホンWF-1000XM4が、到着しました😃

生産上の都合により、遅れが生じる可能性があると、発表されてましたが、

早めに予約してたので無事届きました。

レビュー

検討中の方の役に立つかもしれないので、事前に良いなと思った7つのポイントを、

今使っているAirPods Proと比較しながら、レビューしたいと思います。

1.小型軽量化

f:id:ht0401003z:20210625142508j:image

外箱は、XM4の方が、プラスチックぽい紙箱(卵パックの紙版ぽい)、お世辞にも高級感あるとは言えない。。

Appleの方が、普通の紙箱です。


f:id:ht0401003z:20210625144434j:image

f:id:ht0401003z:20210625144439j:image

充電ケースは、XM4の方が、厚みがあります。イヤホンのサイズも、一回り 大きいです。

AirPods Proの方が、シンプルで、オシャレです。

 

ケースの質感は、XM4の方が、高級なダッシュボードみたいな感じで、プラスチックの表面にシボ加工が施されてます。黒っぽく汚れそうなので、ケースを買おうかと思います。

AirPods Proの方は、ツルツルのプラスチックです。こちらも、ケースを付けなければ、細かな擦り傷が出来ます。

 

XM4は、ケース内部の磁石が🧲強めなので、取り出しにくいです。

AirPods  Proの方は、ちょうど良い磁力で、取り出しやすいです。

 

イヤホンの重さは、XM4は、前モデルより片耳8.5g→7.3gに軽量化されてます。

AirPodsPro(5.4g)より重いですが、重心が耳の中にあるからか、XM4の方が、付けていて楽です。

AirPods Proのシリコンチップは、耳が痒くなりましたが、XM4のイヤチップは、大丈夫そうです。

2.ノイズキャンセリング性能

ノイズキャンセリングONでも圧迫感を感じさせない自然な装着感です。

心地よいので ずっと聴いていられます😃♫

AirPods Proのノイキャンも悪くなかったですが、やや詰まったような感じがするので、長時間は耳が疲れました。

 

NC性能を扇風機のビュービューな風音の前で試しましたが、完全にノイズを消してくれます。

音のない風だけが、肌に当たる不思議な感じで、音楽に没頭出来ます♪😋

3.ハイレゾ再生

音質、もうこれは、「凄い‼️」の一言です。

エージングが終わっていないので、まだまだこれからですが、艶やかな感動的な音を奏でてくれます♬

AirPods Proでは、聴こえなかった音が聴こえます

 

ソニーと言えば、低音が有名ですが、アプリの設定で、ピアノ等の高音も綺麗な音が出るので、好みの音に設定できます。

4.通話品質

後日、レビューします。

 

XM4は、音楽をイヤホンで再生中、着信を取ると、Bluetoothが切れてしまいます。

イヤホンで通話するには再度接続しないといけないので不便です。

AirPods Proは、着信を取るとそのままイヤホンで喋れていたので、この点は マイナスです。

5.バッテリー性能

3時間程、ノイズキャンセリングONで喋りましたが、電池残量60%です🔋

AirPods Proの2倍位保ちそうなので、カタログ通りな感じです。

6.マルチペアリング

 AirPods Proのように、現在使っている機器にイヤホンが自動で接続する機能ではないので、現在使用中と違う端末でイヤホンを使うには手動での接続作業が必要です。ペアリングを一度行っておけば、接続は比較的簡単です。

ただ、AirPods Proの自動接続は、とても便利だったので、SONYにも実現して欲しかったです。

7.スピーク・トゥ・チャット

後日、レビューします。

8.まとめ

まだ、全ての機能をテスト出来てませんが、

音とノイキャン性能とつけ心地で言えば、ダントツのNo.1だと思います。

全ての方にオススメ出来る機種です⭐️

価格比較

現在 ネットや実店舗で予約受付中です。価格は、33,000円(税込) です。

初回生産分は、全て完売で、次回の入荷は、7月下旬以降となっている店舗がほとんどです。

先着予約順なので、購入希望の方は、早めの予約をオススメします。

ヤフーショッピング

ソニーストアiconamazonヤフーショッピング楽天市場、で比較しましたが、実質価格で言えば、ヤフーショッピング が一番お得でした。

 

ソニーストア 

 amazon

 ヤフーショッピング  楽天市場 
価格   33,000円  33,000円 33,000円  33,000円
ポイント還元     10% 通常22%  13.5% 
クーポン値引き 

 10%

   たまに出る  
 特徴

現金値引き 

保証が選べる

 

 5のつく日

日曜日がお得

 0と5のつく日

がお得

 

ヤフーショッピングは、

倍!倍!ストア エントリーページと合わせて、一番お得な店を探すと、


f:id:ht0401003z:20210625134644j:image

f:id:ht0401003z:20210625134650j:image

私の場合、コジマPayPayモール店と、ヤマダ電機PayPayモール店で、

実質24,740円(税込)になるようです。

ブラック

コジマPayPayモール店  還元率27%

ヤマダデンキ PayPayモール店  還元率27%

プラチナシルバー

コジマ PayPayモール店    同27%

ヤマダデンキ PayPayモール店  同27%

 

※還元率は、各自の支払方法等によって、違うので購入前にカート等で、確認して下さい。

 

以下、WF-1000XM4の私が良いなと思った特徴・機能を上げています。

オススメポイント

1.小型軽量化
f:id:ht0401003z:20210611192241p:plain
f:id:ht0401003z:20210611192245p:plain

出典:engadget日本語版

前作WF-1000XM3から、ケースは約40%小型化、

本体は10%小型になり、片耳8.5g→7.3gに軽くなっています。

1.2gの差は、大した事なさそうですが、耳への負担は大きく軽減されると思います。

2.ノイズキャンセリングが進化

f:id:ht0401003z:20210609111413p:plain

ソニーといえば、ノイズキャンセリング技術が有名ですが、前作よりも性能が向上しているらしく、試した人の印象は、ノイズキャンセリングによくある嫌な圧迫感が減って、自然な感じだとの事で、かなり期待できます。

3.完全ワイヤレスイヤホンで初のハイレゾ再生

f:id:ht0401003z:20210609111559p:plain

もう一つ、ソニーといえばCDの音以上の高音質なハイレゾですね。

完全ワイヤレスイヤホンで、初めて実現されているらしく、こちらもかなり期待しちゃいます。

最近、Appleamazonが、高音質の配信を無料で始めたので、ジャストタイミングですね。 

4 通話品質の向上

f:id:ht0401003z:20210609111930p:plain

 最近は、リモートが増えたこともあり、イヤホンを使って通話をする人も多いと思いますが、これまでのイヤホンは、声以外の風切り音や生活音を拾ったりと、マイク性能がイマイチだなと思っていました。

SONYの新型は、骨伝導技術やボイスピックアップテクノロジーにより、快適な通話で出来るとのことで、かなり期待しています。

5 長時間バッテリー

f:id:ht0401003z:20210609112337p:plain

ノイズキャンセリングを使用するとどうしても使用時間が少なくなりますが、8時間も保つらしいので、充電する手間と頻度が省けそうです。

前作は、6時間だったので、2時間も延びています。電池が小さくなっているのに、、、省エネ技術の進歩は凄いです。

私は、普段AirPodsProを使っていますが、使用時間の短さは、不満点の一つです。。。

6 マルチペアリング対応

f:id:ht0401003z:20210610054901p:plain

PC、AndroidiPhoneで、マルチペアリングが可能だそうです。

AirPodsProで、マルチペアリングの便利さに慣れてしまったので、この機能の搭載は嬉しいです。

いちいち接続設定をしなくて良いのは快適です。

7 スピーク・トゥ・チャット

f:id:ht0401003z:20210610054919p:plain

音楽を聴いている時に、自分が声を発すると、音楽が停止して、自動で外音取り込みモードになるそうです。コンビニとかで便利そうですね。 

ブログ応援お願いします

ブログランキングに参加しています❣️

↓こちらクリックで応援して下さい🥺

宜しくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ